妊娠線予防クリームランキング

妊娠線を作らない!妊娠線予防はいつから?

★妊娠線の予防ケアは早めに始めましょう!

 

実際に妊娠線が出来やすくなるのは、妊娠後期です。

 

でも、妊娠線予防については早めに始めるのが得策です。妊娠4ヵ月位から始める人が多いです。遅くとも妊娠中期には、妊娠線クリームを用意して、お風呂上がり等に塗ると良いでしょう。

 

予防の開始タイミングは、とにかく体重が増える前です。つわりの時期が終わるころから食欲が出てきて体重がいきなり増えだすでしょう。つわりが終わったかな、と思った頃には始めるようにしましょう。

 

 

妊娠線クリームを大きくなってきたお腹に塗りながら、赤ちゃんに話しかけるのも良いでしょう。母体にもリラックス効果がありますし、母性本能が働いて子供が愛おしく思えるに違いありません。

 

妊娠線クリームを塗る時間は、母親にとって特別な時間ですし、お腹の赤ちゃんにも母親のリラックス感が伝わるに違いありませんね。


もう一つ重要なことは、太り過ぎないこと。

よく妊娠したのだからたくさん食べるのだと言って、必要以上に食べて必要以上に太ってしまう人がいますが、それはNG。急激な体重増加が妊娠線の原因になることが多いので、急激に体重が増えないように毎日、体重計に乗って体重管理をしましょう。

 

妊娠後期が一番、胎児の体重増加が顕著ですから、食べ過ぎや太りすぎに気をつけて十分な保湿をするために、頻繁に妊娠線クリームを塗るようにしましょう。

 

体重のコントロールは、多くても妊娠前のプラス10kg以内にしてください。
その範囲でしっかりコントロールし、妊娠線クリームでのケアをしっかりしておけば、妊娠線対策としてはかなり優等生と言えます。

 

出来てしまった妊娠線を完全に消すことはほぼ不可能と言われています。大掛かりな手術でもすれば別かもしれませんが、組織が死んで線維化していますので、通常、元通りの肌に戻すことは難しいでしょう。だから妊娠線は早めに予防をして作らない事が重要です。

 

すでに妊娠線ができてしまっている・・・という人も目立たなくすることは出来ます。
妊娠線クリームを使った毎日のスキンケアで時間をかけて薄くしていくようにしましょう。


妊娠線予防クリームを選ぶならコレ

AFCストレッチマーククリーム

予防にもケアにも使える妊娠線クリーム



ストレッチマーククリームは妊娠線の予防にもできてしまった妊娠線のケアにも使えるクリーム。国産で無添加で安全性も高く塗るとターンオーバーを促進する葉酸まで入っているのがポイント。さらっとベタつかない使用感でビターオレンジのアロマの香りでリラックス効果も。

価格

単品120g:2,980円(税込)

主な配合成分

葉酸、ライマメ種子エキス、ダーマクロレラ、アラントインなど

スキンメンテナンスジェル

大容量の500gで5ヵ月以上も長持ち



スキンメンテナンスジェルは大容量の500gで5か月半以上も使えるのでコストパフォーマンス抜群の妊娠線予防クリーム。ベタベタしない使用感と高い保湿力で、塗るだけでマッサージも不要な所が売れているポイント。

価格

単品500g:5,800円(税込)

主な配合成分

ツボ草、バナナ花、レッドクローバー、天然シロキクラゲ、甘草エキス、ホップエキス、シモツケソウエキス、セイヨウキズダエキス、褐藻エキスなど

AMOMA マタニティベリーオイル

無添加・100%植物性の妊娠線オイル



AMOMA マタニティベリーオイルは無添加・100%植物性成分を配合した妊娠線専用オイル。双子を妊娠中の方でも妊娠線ができなかった優れもの。保湿性の高いオイルなのにベタつかないのが人気の秘密。柑橘系の優しい香りです。

価格

単品160ml:2,625円(税込)
定期160ml:2,363円(税込)

主な配合成分

ライスオイル、フランキンセンス、パルマローザ、マンダリンなど

プラジェントラクリーム

EGFやFGFまで入った妊娠線クリーム



プラジェントラクリームは高級成分のEGF、FGF、PGAまで配合したまるで美容液のような妊娠線クリーム。他にも天然の植物成分もたっぷり。世界24か国で販売されている妊娠線クリームで渡辺美奈代さんやカイヤさんもテレビで絶賛した商品です。ちょっと値段が高いのが難点・・・

価格

単品130g:6,825円(税込)

主な配合成分

EGF、FGF、PGA、椿油、ユーカリ葉エキス、緑茶エキス、ゆず果実エキス、甘草根エキスなど

エルバビーバ STMオイル

小倉優子さんが愛用していたのがコレ



エルバビーバ STMオイルは小倉優子さんや梨花も愛用していた妊娠線ケアオイル。海外でも有名でマドンナやニコールキッドマンなど海外セレブも愛用。100%オーガニックなので産後のベビーオイルとしても使えるのが嬉しい所。シアバター配合で伸びがよいクリームタイプの方も人気です。

価格

単品125ml:3,400円(税込)

主な配合成分

アーモンド油、サフラワー油、ローズヒップ油、コムギ胚芽油、ラベンダー油、ローズマリー葉エキス、ヒマワリ種子油、マンダリンオレンジ果皮油、ダマスクバラ花油、ビャクダン油など

クラランス ストレッチマークボディクリーム

スザンヌさんが愛用していたのがコレ



クラランス ストレッチマークボディクリームはスザンヌさんやhitomiさんが使っていたことで有名な妊娠線クリーム。セレブも愛用する人気ブランドの商品でほぼ無香なので、つわりの辛い時でも安心して使えます。皮膚科医によるテスト済みの処方なのもポイント

価格

単品200g:4,580円(税込)

主な配合成分

ツボクサ(アシアチコシド)、ココヤシ、ナツメヤシ、ガンコウラン果実エキス、ツクシメナモミエキスなど

 

妊娠線予防クリームを選ぶポイント

 

 

妊娠線クリームを選ぶポイントとしては、
妊娠線をできないように予防をしたいのか?
できてしまった妊娠線を目立たなくしたいのか?

 

でも変わってきます。それぞれの商品で配合成分が違ってくるので、そこも選ぶポイントになるかと思います。


  • 妊娠線を目立たなくしたい・・・
    妊娠線を目立たなくしたいなら妊娠線のケアができる成分も入っているAFCストレッチマーククリームプラジェントラクリームがオススメです。もちろん予防にも使えます。

  •  

  • 妊娠線の予防をしたい・・・
    妊娠線の予防をしたいなら、正直どれを選んでも良いかと思います。どの商品も無添加だったり肌に優しい処方なので、クリームやオイルなど好きなタイプを選んだりしても良いでしょう。配合成分をしっかりチェックして自分の好きな物を選びましょう。

  •  

  • コストパフォーマンスで選ぶ・・・
    コストで選ぶのであれば断然スキンメンテナンスジェルがオススメ。500gの大容量なので5か月以上も長持ちします。もし余ってしまっても保湿ボディージェルとして利用できます。

  •  

  • 芸能人のマネをする・・・
    小倉優子さん・・・エルバビーバ STMオイル(※ブログ記事)
    梨花さん・・・エルバビーバ STMオイル
    マドンナさん・・・エルバビーバ STMオイル
    スザンヌさん・・・クラランス ストレッチマークボディクリーム(※ブログ記事)
    hitomiさん・・・クラランス ストレッチマークボディクリーム
    小畑由香里さん・・・クラランス ストレッチマークボディクリーム(※ブログ記事)

 

まずはできないように予防する事が大切です。どれか1つも上げるとすればコストもそれなりに安く、妊娠線の予防とケアが両方できるAFCストレッチマーククリームがオススメです。結構大量に必要になるのでコストパフォーマンスなども検討して選ぶようにしましょう。

妊娠線が出来てしまったらどうすればいい?

妊娠線対策をしていたからと言っても、妊娠線を完全を予防するのは難しいかもしれません。それだけ大きな変化がありますし、子どもを産むという限りは受け入れざるを得ない部分は当然あります。

 

妊娠線が出来たのを見たら、ボディクリームで丁寧にケアすることが良いでしょう。妊娠線の専用クリームも販売されていますので、それを使って保湿ケアすることで最小限に食い止める事ができます。

 

妊娠線専用のクリームは、コラーゲンの生成を促すような成分が含まれていたり、保湿だけでなく肌のトータルで考えて、妊娠線を目立たなくさせるための工夫が盛り込まれているのが特徴。

 

ただし、いずれにしても即効性のあるものではありませんし、出来てしまった妊娠線は、基本的にはすぐには消えないと認識した上でケアするのが正解です。放置しておくと後々とても目立つテカテカとした白いラインになってしまいますので、それを防ぐ目的もあります。

 

妊娠線は真皮についてしまったキズですので、それを自力で修復するのは少々難しいとは思いますが、妊娠線クリームで毎日ケアをする事で徐々に目立たなくする事ができるので後悔しないように努力はしておきたいですね。

 

また、いかにクリームと言えども肌に直接つけるものですから、アレルギーなどが出ないか事前にしっかり確かめて、肌や身体に負担になるようなものは絶対に避けてくださいね。


妊娠線を目立たなくさせたい時は?

妊娠線は、予防していてもすべて防げるものではありません。

 

あっという間にびっしり出てきてしまって、非常に大きなショックを隠せないという人もたくさんいます。

 

体重をコントロールしても、クリームやオイルを塗っていても、妊娠前との体型の差が大きければ妊娠線の発症は抑えきれません。

 

消すことは出来ないとしても、出来てしまった妊娠線は、とにかく目立たなくさせることに注力しましょう。妊娠線を目立たなくさせるためのテクニックとしては、実践して効果のあったものをまとめてみましょう。

専用のクリームで保湿で肌細胞の修復を促進

まず、毎日丁寧に手でしっかり洗って、専用のクリームで保湿で肌細胞の修復を促進しましょう。妊娠線そのものの組織は死んでしまっていますが、周りの組織でカバーすることで、より目立たなくさせることは可能です。

体重・体型を早く元に戻すこと

そして、見落としがちですが、体重・体型を早く元に戻すことが大切なポイントです。

 

脂肪がついて引っ張られている部分に妊娠線は出来ますので、痩せて皮膚が引き締まることでかなり目立たなくなるケースが多いのです。

 

早く皮下組織が引っ張られて割れてしまっている部分をシェイプアップしましょう。保湿しながら引き締めるだけでも、かなりわからなくなりますよ。

 

まず、妊娠線が出来てしまっている場所はすでに組織が死んでしまった場所であり、周りの組織もダメージを受けて非常に弱っている状態だということを認識しましょう。

 

そこに無理やりマッサージをしたり、ピーリングをしたりするなど刺激を更に上乗せするやり方はおすすめできません。クリームによる毎日のケアを欠かさずに!