妊娠線が出来ると敏感肌になる?

妊娠線が出来ると敏感肌になる?

妊娠線が出来るころになると、肌の質が変わって敏感肌になってしまうという人がいます。

 

妊娠線の予防クリームを塗っていたところ、今まで普通に使っていたクリームなのになぜかピリピリするとか、赤味が出るといった変化を感じる人も少なくありません。

 

というのは、妊娠するとホルモンのバランスがガラッと変わることで、今までにはなかったトラブルが起きたり、肌質が変わって敏感肌になってしまったりすることも珍しくないからです。

 

いままでこんなことはなかったのに、という思わぬトラブルが出る場合がありますので、妊娠前からずっと愛用してきたクリームであっても、もう一度慎重になる必要があるのです。

 

間違いにくいのが、やはり敏感肌用に作られたクリームです。
少しでも刺激のあるものは、過剰に肌が反応してしまう可能性があるので避けたほうが無難でしょう。

 

出産後は元に戻る人もいますし、そのまま変化してしまう人もいます。
しばらくは、より低刺激のものを使っていたわりながらスキンケアすることが大切ですね。

 

妊娠中は身体の変化や生活の変化でさまざまなトラブルが起きやすい時期ではありますが、肌も同じようにトラブルに見舞われやすい時期です。

 

例えば、今までまったくオイリーではなかった肌なのに、突然皮脂が過剰な状態におちいったり、反対に非常に乾燥して荒れ放題になってしまったり。身体の中で起きている変化は、そのまま皮膚に現れやすいですから、慌てずその都度対処して、いつでも清潔を第一に整えるようにしましょう。