妊娠線対策に使ってはいけない成分とは

妊娠線対策に使ってはいけない成分とは

妊娠線予防のクリームなら、大抵の商品は、赤ちゃんとお母さんにとって良い成分を使って開発されています。でも、自分自身の判断でケアする場合は、使ってはいけない成分は除外するように配慮したほうが良いでしょう。

 

特に気をつけたいのは、「アキュテイン」、「トレチノイン」、「トルエン」、「ハイドロキノン」、「パラベン」、「サリチル酸」等が挙げられます。

 

肌を通しての吸収はあまり高くはありませんが、それでもまだ科学的に解明されていないことも沢山ありますから、少しでも危険性が高い成分は使わないほうが良いでしょう。

 

また、オーガニックまで行かなかったとしても、旧指定成分が入っていない、体に優しい妊娠線対策を行うのが望ましいです。アロマオイルでも、妊娠中には使わないようが良い精油もありますから、用いる場合には注意が必要です。

 

アロマテラピーに精通している方に、アドバイスをしてもらうのが良いでしょう。

 

無農薬・無化学肥料で育てられた原料を用いたオーガニックがお勧めですが、
植物性でもアレルギー等で相性が悪ければかゆみの原因にもあります。

 

旧指定成分が入っていなければ、合成成分でも体に優しいものもありますので、
旧指定成分無添加の妊娠線クリームもお勧めです。