妊娠線は何故出来るの?

妊娠線は何故出来るの?

そもそも妊娠線はどうして出来てしまうのでしょうか。

 

お腹の赤ちゃんがどんどん急激に成長していくと、当然お腹の皮膚はどんどん膨らんで引っ張らますよね。表面の皮膚は指でつまんでもわかるように、とても伸縮性があるので膨らんでいく速度にもついて行けます。

 

でもその下にある皮下組織はそこまで伸びるように出来ていないので、
限界を超えると割れてしまうのです。

 

表面の皮膚はとても薄いので、中の割れた裂け目が透けて見えます。
赤紫色の亀裂がいくつも見える人もいれば、少ない人もいます。

 

これは体質にもよりますし、赤ちゃんが出来てからどれくらいお腹が膨れたか、どれくらいのスピードだったかなどによって千差万別ですから、出来てみないとわからないとも言えます。

 

お腹が膨れるのだから出来るのはお腹だけかと思うとそうでもなく、乳房に出来たり、太ももに出来たり、おしりに出来たりします。これも、その人がどんなふうな体型変化、体調変化をしたかによりますので、どこに出るかはわかりません。

 

予想するとすれば、胸に出来る人は胸の形状変化がとても大きいということになりますし、おしりに出来る人はおしりの変化が大きいということですから、妊娠中に大きく変わりつつある部分に注意をすれば良いでしょう。

 

妊娠というのはそれだけ妊婦の身体を変化させる現象ですから、これをゼロにすることは出来ません。

 

妊娠線は、赤紫色から茶色になり、最後は白になります。
裂けた部分の組織は死んでいますので、新陳代謝することもなく線維化しています。