妊娠線が出来た場合の対処法は?

妊娠線が出来た場合の対処法は?

妊娠線ができてしまって出産後も消えない場合には、どんな対処法があるでしょうか。

 

妊娠線は、急激な体重の増加によって肉割れを起こしてしまった結果、おへその上下に縦に青紫色の線が入ってしまいます。ですから、肉割れを起こさないために保湿したり、急激に体重が増えないように管理することが大切です。

 

でも、どんなに気をつけても体質によって妊娠線が残ってしまう場合もありますから、気になるなら、美容クリニックを受診するのが良いでしょう。

 

美容クリニックでの妊娠線の治療方法は、レーザーを使ったりしてコラーゲンの産生と皮下脂肪の分解、皮脂の皮脂締めなどの総合的な治療で妊娠線や肉割れを目立たなくすることができます。

 

そのクリニックによって、治療の方法が異なりますから、クチコミなどを探して良い美容クリニックを探すと良いでしょう。

 

レーザー治療では、伸びてしまった皮膚を収縮させて改善します。完全に消えないこともありますが、現代の美容クリニックの施術では、ほぼ完全に消し去ることも可能なので、諦めずによいクリニックを探しましょう。

 

また、妊娠線を予防するのではなく、できた妊娠線を改善するようなクリームも通販で売られていますので、試してみる価値はあるかと思います。